Kaspersky Security Center 11 の追加機能のライセンス

 

Kaspersky Security Center 11

 
 
 

Kaspersky Security Center 11 の追加機能のライセンス

"ライセンス"へ戻る
更新日: 2021年05月07日 Article ID: 15039
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security Center 11 (バージョン 11.0.0.1131)
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 11 の追加機能には、使用するのにライセンスが必要なものがあります:

  • エンドポイントのセキュリティ:ワークステーション(エンドポイント)の保護を管理できます。
  • サーバーのセキュリティ:サーバーの保護を管理できます。
  • モバイルデバイス管理:この機能では、ユーザーの iOS および Android デバイスをポリシーから管理できます。
  • 暗号化:ハードディスクの暗号化を管理できます。
  • システム管理:
    • ソフトウェアとハードウェアのインベントリ作成。
    • 脆弱性の検索、検出、および排除。
    • パッチ/アップデートのダウンロードとテスト。
    • パッチの導入。
    • 製品の動作に関する統計とレポートの記録。
    • カスタムアプリケーションの配信と導入。
    • リモートトラブルシューティングの実行。
    • SIEM システム IBM® QRadar® および Micro Focus® ArcSight へのイベントのエクスポート。
    • オペレーティングシステムのリモート導入。
  • クラウド環境との連携:
    この機能では、Amazon Web Services(AWS)API または Azure API ツールを使用して、クラウドセグメントのポーリングおよびデバイスへのアプリケーションのインストールを実行できます。

この表で言及しているライセンスには、お客様の国で利用できないものもあります。詳しくは、お客様の地域の担当者にお問い合わせください。



ライセンス
Kaspersky Security Center 11 の機能
エンドポイントの
セキュリティ
サーバーの
セキュリティ
モバイルデバイス
管理
暗号化 脆弱性とパッチ管理 クラウド環境との連携
Kaspersky Endpoint Security for Business - Select yes yes yes no no no
Kaspersky Systems Management no no no no yes no
Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced yes yes yes yes yes no
Kaspersky Total Security for Business
yes
アダプティブアノマリー
コントロール
yes yes yes yes no
Kaspersky Hybrid Cloud Security Standard
yes
仮想マシン
yes
仮想サーバー
no no no yes
Kaspersky Hybrid Cloud Security Enterprise
yes
仮想マシン
yes
仮想サーバー + ファイル変更監視および Windows イベントログ監視
no no no yes
Kaspersky Embedded Systems Security
yes
ATM / POS
no no no no no
Kaspersky Embedded Systems Security Compliance Edition
ATM / POS
+ ファイル変更監視および Windows イベントログ監視
no no no no no
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了