定義データベースのアップデート方法(スモール オフィス セキュリティ 7)

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 7

 
 
 

定義データベースのアップデート方法(スモール オフィス セキュリティ 7)

"はじめに"へ戻る
更新日: 2019年09月30日 Article ID: 15096
 
 
 
 

定義データベースをアップデートするには、ライセンスが 有効 で インターネットに 接続 されている必要があります。

初期設定では、スモール オフィス セキュリティ 7 がインストールされライセンスが適用されると、自動的 に定義データベースがアップデートされます。それ以降は、新しいアップデートがないかどうか 自動 でチェックが行われます。ウイルスが大規模に発生した場合はチェック頻度が増え、終息するとチェック頻度が減ります。

以下の 3 通りの方法で、手動 でアップデートすることもできます。

  • タスクバーの通知領域にある カスペルスキー製品 のアイコンを右クリックし、表示されるコンテキストメニューから [ 定義データベースのアップデートを実行する ] を選択します。 

KSOS7_15074_01_jp

KSOS7_15074_02_jp

Updating the Kaspersky Internet Security 20 databases via My Kaspersky

 
 
 
 
 

定義データベースのアップデートによりダウンロードされるファイル

 
 
 
 
 

定義データベースの公開日時を確認する方法

 
 
 
 
 

問題が発生した場合

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了