ABD(Android Debug Bridge)ツールを使用して Android 端末を PC に接続する方法

 

記事一覧: レポート取得

 
 
 

ABD(Android Debug Bridge)ツールを使用して Android 端末を PC に接続する方法

"レポート取得"へ戻る
更新日: 2020年03月05日 Article ID: 15105
 
 
 
 

ADB(Android Debug Bridge)ツール は、Android 端末をデバッグする為のツールです。

本ツールを使用することで、以下を行うことが可能になります:

  • ログの閲覧
  • ファイルのコピー
  • アプリのインストールと削除
  • メモリ内データ参照と書き換え
  • 管理スクリプトの実行
  • ネットワークパラメータの管理

カスペルスキー製品で発生した問題を調査するために、カスペルスキーのテクニカルサポートが、ABD ツールを使用して Android 端末をコンピューターに接続するようにお願いする場合はあります。



ABD ツールを使用して Android 端末をコンピューターに接続する方法



手順 1

DumpAndroidApps_en.zip をダウンロードし、圧縮ファイルを展開 します。



手順 2

展開したフォルダに含まれているファイル [ adb-setup-1.4.2.exe ] を右クリックし、[ 管理者として実行 ] を選択します。


Running the drivers’ installation



手順 3

以下の画面が表示され、複数回 [ ~~ (Y/N) ] と表示されます。表示されたら [ Y キー ] - [ Enter キー ] の順に押します。 

[ All done ] と表示されたら完了です。画面が自動的に閉じます。


 Allowing drivers’ installation



手順 4

こちらのサポートページ に記載の方法で、USB デバッグを有効にします。



手順 5

Android 端末をコンピューターに接続します。



手順 6

以下の画面が表示されたら、[ OK ] をクリックします。


Enabling the usb debugging mode

手順 7

コントロールパネルを開き、[ ハードウェアとサウンド ] - [ デバイスマネージャー ] の順にクリックします。


the Hardware and sound section



手順 8

[ Android device ] 箇所に [ ADB ] の文言が含まれる項目があることを確認します。

[ ADB ] の文言が含まれる項目なく [ 不明なデバイス ] 項目がある場合は、以下を行います。

  1. 不明なデバイスを右クリックし、[ ドライバーの更新 ] をクリックします。
  2. [ コンピューターを参照してドライバーショフトウェアを検索 ] をクリックします。
  3. [ コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します ] をクリックします。
  4. ベンダーとモデルを選択してインストールを行います。

The adb device with successfully installed drivers



手順 9

コンピューターから Android 端末を外します。



手順 10

こちらをクリック して専用のツールをダウンロードし、圧縮ファイルを展開 します。

完了したら、解凍されたフォルダ「 adb 」を C ドライブ直下に移動、またはコピーします。


Common_15105_02_jp



手順 11

こちらのサポートページ に記載の方法で、USB デバッグが有効になっていることを確認します。



手順 12

Android 端末をコンピューターに接続します。以下の画面が表示された場合は、[ OK ] をクリックします。


Enabling the usb debugging mode



手順 13

こちらのサポートページ に記載の方法で、管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。



手順 14

以下をコピーしてコマンドプロンプトの画面に入力し、Enter キー を押します。


cd c:\adb




Common_15105_01_jp


以上で完了です。ABD ツールを利用して Android 端末がコンピューターに接続されました。

以降は、テクニカルサポートの担当者の指示に従ってください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了