Kaspersky Security for Windows Server を Veeam Backup & Replication の Secure Restore(セキュアリストア)機能と統合する方法

 

Kaspersky Security 11.x for Windows Server

 
 
 

Kaspersky Security for Windows Server を Veeam Backup & Replication の Secure Restore(セキュアリストア)機能と統合する方法

"機能設定"へ戻る
更新日: 2021年04月07日 Article ID: 15250
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security 11.0.0 for Windows Server (バージョン 11.0.0.480)
  • Kaspersky Security 10.1.2 for Windows Server (バージョン 10.1.2.996)
  • Kaspersky Security 10.1.1 for Windows Server (バージョン 10.1.1.746)
 
 
 
 

Veeam Backup & Replication で作成されたイメージを復元するには、リカバリを実行する前に "Scan the restored machine for malware prior to performing the recovery" を選択し、Secure Restore(セキュアリストア)機能を使用します。Security for Windows Server をこの機能と統合するには、次のフォルダーに保存されている AntivirusInfos.xml ファイルを編集します。

→ %ProgramFiles%\Common Files\Veeam\Backup and Replication\Mount Service

Security for Windows Server と統合するための AntivirusInfos.xml ファイルの構成に関しては、こちら をご参照ください。

 
 
 
 
 

AntivirusInfos.xml ファイルの構成

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了