Kaspersky Endpoint Security for Windows の配布パッケージにおける鍵長に関する説明

 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security for Windows の配布パッケージにおける鍵長に関する説明

"暗号化"へ戻る
更新日: 2020年06月04日 Article ID: 15263
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Endpoint Security 11.3.0 for Windows (バージョン 11.3.0.773)
  • Kaspersky Endpoint Security 11.2.0 for Windows (バージョン 11.2.0.2254)
 
 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows Service Pack 2 以降では、アプリケーション配布パッケージに暗号化モジュールが含まれています:

  • keswin_<version number>_<localization>_aes256 形式の場合:
    鍵長が 256 ビットの AES 暗号アルゴリズムがサポートされている配布パッケージです。
  • keswin_<version number>_<localization>_aes56 形式の場合:
    鍵長が 56 ビットの AES 暗号アルゴリズムがサポートされている配布パッケージです。

FDE および FLE 暗号化コンポーネント用に、個別のモジュールをインストールする必要はありません。 

配布パッケージを選択する際は、暗号保護手段の使用を規定する国ごとの法律を考慮してください。

 
 
 
 
 

アプリケーションのアップグレード中に鍵長を変更する

 
 
 
 
 

AES 暗号化モジュールとの互換性

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了