セキュリティタグを手動で割り当ておよび削除する方法(Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless)

 

Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless

 
 
 

セキュリティタグを手動で割り当ておよび削除する方法(Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless)

"設定 / 操作方法"へ戻る
更新日: 2020年06月17日 Article ID: 15284
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security for Virtualization 6.0 Agentless
 
 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless はセキュリティで保護された仮想マシンにセキュリティタグの割り当てが可能です:

  • ANTI_VIRUS.VirusFound.threat=high セキュリティタグは、ウイルスやその他の脅威を検知した仮想マシンに割り当てます。
  • IDS_IPS.threat=high セキュリティタグは、トラフィック内でネットワーク攻撃の動作特性を検知した際に仮想マシンに割り当てます。

VMware vSphere Web Client コンソールではセキュリティタグの手動割り当てと削除が可能です:

  • 仮想マシンのプロパティ。
  • VMware NSX Manager プロパティ (1 台または複数の仮想マシン)。
 
 
 
 
 

仮想マシンのプロパティでセキュリティタグを割り当てまたは削除する方法

 
 
 
 
 

VMware NSX Manager のプロパティでセキュリティタグを割り当てまたは削除する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了