ライセンスが有効期限切れになるとどうなりますか?(Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentles)

 

Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless

 
 
 

ライセンスが有効期限切れになるとどうなりますか?(Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentles)

"ライセンス"へ戻る
更新日: 2020年08月31日 Article ID: 15289
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless
 
 
 
 

製品版ライセンス が有効期限切れになると、Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless は制限された状態で引き続き動作します:

  • 定義データベースをアップデートできなくなります:ライセンスが有効な時に最後にダウンロードされた定義データベースが使用されます。
  • KSN が無効になります。

サブスクリプションライセンス が有効期限切れになると、ライセンス更新を行うための猶予期限が提供されます。この猶予期間中、アプリケーションは制限なく動作します:

  • 定義データベースを更新できます。
  • KSN が無効になりません。

アプリケーションは、猶予期間の開始と残り日数を管理者に通知します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了