Kaspersky Web Traffic Security 6.1 でのODEフィルタリングの問題について

 

Kaspersky Web Traffic Security 6.x

 
 
 

Kaspersky Web Traffic Security 6.1 でのODEフィルタリングの問題について

"トラブルシューティング"へ戻る
更新日: 2019年12月25日 Article ID: 15366
 
 
 
 
本記事では、Kaspersky Web Traffic Security 6.1 に関して記載しています。
 
 
 
 

原因

ODEX形式の実行可能ファイルには、非標準の署名が含まれている可能性があり、アプリケーションによって誤って識別されます。

解決方法

トラフィックフィルタリングの追加基準として、拡張子またはファイルチェックサムを使用することを推奨します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了