Microsoft Update ADV190023 適用後の Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server における Active Directory への接続について

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Microsoft Update ADV190023 適用後の Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server における Active Directory への接続について

"設定と機能"へ戻る
更新日: 2020年06月12日 Article ID: 15432
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server Maintenance Pack 3 (バージョン 8.0.3.30)
 
 
 
 

Microsoft Update ADV190023(英語) の適用後は、Active Directory への接続に SSL 暗号化または TLS 暗号化が必要です。

引き続き [ 暗号化なし ] オプションを使用すると:

  • アプリケーションが Active Directory に接続できません。
  • メッセージの処理ルールでエラーが発生する場合があります。
  • 個々のストレージ内にあるメッセージのコピーにアクセスできません。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了