Kaspersky Security for Virtualization 4.0 および 5.x Light Agent が Kaspersky Security Center 12 上で管理できない場合

 

Kaspersky Security for Virtualization 5.x Light Agent

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 および 5.x Light Agent が Kaspersky Security Center 12 上で管理できない場合

"トラブルシューティング"へ戻る
更新日: 2020年08月06日 Article ID: 15486
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security for Virtualization 5.1.1 Light Agent
  • Kaspersky Security for Virtualization 5.1 Light Agent
  • Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Light Agent
  • Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Light Agent
  • Kaspersky Security Center 12
 
 
 
 

問題

Kaspersky Security Center を バージョン 12.0.0.7734 にアップグレードすると、Kas​​persky Security for Virtualization 4.0 および 5.x Light Agent の管理が行えなくなります。

解決策

Kaspersky Security Network(KSN)を使用する/しないに関係なく、以下の手順の 1 〜 3 は行ってください。
  1. Kaspersky Security Center の設定で、[ 管理サーバーをプロキシサーバーとして使用する ] を オン にします。手順は オンラインヘルプ をご参照ください。
  2. Kaspersky Security Network への参加に同意する ] を オン にします。
  3. KSN 声明の条項をよくお読み頂き、同意される場合は [ 使用許諾契約書の条項に同意する ] を選択します。
  4. Kaspersky Security Network を使用しない場合は、[ Kaspersky Security Network への参加に同意する ] を オフ にします。Kaspersky Security Network は無効になります。
Kaspersky Security for Virtualization Light Agent で KSN を使用している場合は、Kaspersky Security Center で 有効 にしてください。

解決しない場合には、カンパニーアカウント からテクニカルサポートにお問い合わせください。お問い合わせの前に、「テクニカルサポートへお問い合わせいただく前に」ページ をご参照の上、調査に必要なログファイル等の取得をお願い致します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了