Kaspersky Hybrid Cloud Security のライセンスを使用してクラウド環境のサポート機能を有効化しようとした際に発生するエラー

 

Kaspersky Security Center 12

 
 
 

Kaspersky Hybrid Cloud Security のライセンスを使用してクラウド環境のサポート機能を有効化しようとした際に発生するエラー

"エラー"へ戻る
更新日: 2020年08月06日 Article ID: 15546
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security Center 12 (バージョン 12.0.0.7734) パッチ A 以降
 
 
 
 

Kaspersky Hybrid Cloud Security のライセンスを使用してクラウド環境のサポート機能を有効化しようとすると、エラーが発生する場合があります。

解決方法

クラウド環境のサポート機能を有効化するには:

  1. https://keyfile.kaspersky.com/ja/ にアクセスします。
  2. Kaspersky Security Center のアクティベーションコードとメールアドレスを入力して [ キーの入手 ] をクリックします。入力いただいたメールアドレス宛に、ライセンスキーファイルが送信されます。
  3. ライセンスキーファイルをわかりやすい場所に保存します。
  4. ライセンスキーファイルを使用して、クラウド環境のサポート機能を有効化します。

解決しない場合には、カンパニーアカウント からテクニカルサポートにお問い合わせください。お問い合わせの前に、「テクニカルサポートへお問い合わせいただく前に」ページ をご参照の上、調査に必要なログファイル等の取得をお願い致します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了