Endpoint Security 11 for Mac がインストールされている Mac を macOS Big Sur (バージョン 11.0) にアップグレードする方法

 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac

 
 
 

Endpoint Security 11 for Mac がインストールされている Mac を macOS Big Sur (バージョン 11.0) にアップグレードする方法

"インストール / 削除"へ戻る
更新日: 2021年10月11日 Article ID: 15650
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac (バージョン 11.1.0.210)
 
 
 
 

macOS を Big Sur(バージョン 11.0)にアップグレードすると、バージョン 11.0.1 以前の Kas​​persky Endpoint Security for Mac は機能しなくなります。macOS をアップグレードする場合は、事前に バージョン 11.1.0 以上の Kas​​persky Endpoint Security for Mac を上書きインストールしてください。手順は こちらのサポートページ をご参照ください。

macOS を Big Sur (バージョン 11.0) にアップグレードする前に:

  1. Kaspersky Endpoint Security for Mac を バージョン 11.1.0 以上にアップグレードします。 
  2. デバイスに構成プロファイルを適用します。手順は こちらのサポートページ をご参照ください。

構成プロファイルが適用されていない場合は、オペレーティングシステムをアップグレード後、アプリケーションに必要なすべてのアクセス許可を手動で許可してください。

  1. オペレーティングシステムを macOS Big Sur(バージョン 11.0)にアップグレードします。
  2. 暗号化されたトラフィックの監視とルート証明書のインストールを許可します。許可するには、Kaspersky Endpoint Security for Mac を起動して [ 必須の保護機能 ] 画面を開き [ 暗号化された Web トラフィックの検査 ] 個所で [ 許可 ] をクリックします。

The Essential Protection window in Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac.

  1. [ 続ける ] をクリックします。

オペレーティングシステムとアプリケーションがアップグレードされ、正常に使用できるようになりました。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了