Kaspersky Security Center for Linux のトレースファイルを取得する方法

 

Kaspersky Security Center 13

 
 
 

Kaspersky Security Center for Linux のトレースファイルを取得する方法

"診断"へ戻る
更新日: 2021年05月18日 Article ID: 15743
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security Center 13 for Linux (バージョン 13.0.0.11247)
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 13 for Linux で発生した問題を調査するために、カスペルスキーのテクニカルサポートがトレースファイルの取得をお願いする場合があります。トレースファイルには、アプリケーションの全ての動作に関する記録が含まれており、問題が発生する手順の確認や原因の特定に役立てられます。

Kaspersky Security Center for Linux のトレースファイルを取得するには、次の手順を行います:

  1. 圧縮ファイル server_tracing_4.zip をダウンロードし、Kaspersky Security Center for Linux がインストールされているサーバーでファイルを抽出します。
  2. トレースを有効にします:
chmod +x server_tracing_4.sh
./server_tracing_4.sh
  1. 問題を再現させます。
  2. トレースを無効にします:
rm -rf /etc/opt/kaspersky/klnagent_srv/1103/1.0.0.0/Debug /etc/opt/kaspersky/klnagent_srv/1093/1.0.0.0/Debug && sudo killall -USR1 klserver && sudo killall -USR1 klnagent

/tmp フォルダーにトレースファイルが保存されます。

トレースファイルをカスペルスキーのテクニカルサポートへ提供してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了