Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac 向けパッチ A (バージョン 11.2.0.185): リリース情報

 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac 向けパッチ A (バージョン 11.2.0.185): リリース情報

"リリース情報"へ戻る
更新日: 2021年03月09日 Article ID: 15777
 
 
 
 

2021 年 8 月 11 日、Endpoint Security 11 for Mac(バージョン 11.2.0.185)向け パッチ A がリリースされました。

変更点:

  • Kaspersky Security Center で Managed Detection and Response コンポーネントのステータスが誤って表示される問題が修正されました。コンポーネントが無効になっている場合、Kas​​persky Security Center でステータスが更新されませんでした。
  • アプリケーションを バージョン 11.0.0 または 11.0.1 から 11.2.0 へアップグレードする際に発生する問題が修正されました。アップグレード後、保護機能がない旨が保護ステータスとして表示され、更新がない旨が更新ステータスとして表示されました。
  • アプリケーションのパフォーマンスの安定性が向上しました。

パッチ A は、カスペルスキーのアップデートサーバーを介して自動的に配布されます。カスペルスキーの Web サイト から、パッチ A 同梱版のインストーラーをダウンロードしていただくこともできます。

サポート対象のオペレーティングシステム: macOS 10.14 – 11

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了