Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows のルート証明書を Mozilla Firefox 及び Thunderbird に追加する方法(個人向け製品)

 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows のルート証明書を Mozilla Firefox 及び Thunderbird に追加する方法(個人向け製品)

"設定と機能"へ戻る
更新日: 2022年03月28日 Article ID: 15816
 
 
 
 

対象製品 :

  • Kaspersky Endpoint Security 11.8.0 for Windows (バージョン 11.8.0.384)
  • Kaspersky Endpoint Security 11.7.0 for Windows (バージョン 11.7.0.669)
  • Kaspersky Endpoint Security 11.6.0 for Windows (バージョン 11.6.0.394)
  • Kaspersky Endpoint Security 11.5.0 for Windows (バージョン 11.5.0.590)
 
 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows はルート証明書を利用して、暗号化されたトラフィックを解読、分析します。ルート証明書は製品のインストール時に OS の証明書ストレージに追加されます。

Mozilla Firefox と Thunderbird は独自の証明書ストレージを使用しています。暗号化されたトラフィックの制御に関するエラーを回避するため、Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows は Mozilla Firefox と Thunderbird の設定を変更し、独自のストレージだけでなく、システム証明書ストレージも使用させます。

製品の設定でこのオプションを無効にしている場合は、以下の手順 を参照してカスペルスキーのルート証明書を Mozilla Firefox と Thunderbird の証明書ストレージに手動で追加してください。追加しない場合、製品で HTTPS ページを開けません。

 
 
 
 
 

Mozilla Firefox または Thunderbird の証明書ストレージにカスペルスキーのルート証明書を追加する方法

 
 
 
 
 

システム証明書ストレージを使うように Mozilla Firefox と Thunderbird の設定を変更する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了