すべてのネットワークアクティビティをブロックしたにも関わらず、Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows が PortScan 攻撃を検知する理由

 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows

 
 
 

すべてのネットワークアクティビティをブロックしたにも関わらず、Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows が PortScan 攻撃を検知する理由

"トラブルシューティング"へ戻る
更新日: 2022年04月25日 Article ID: 15857
 
 
 
 

Kaspersky Endpoint Security for Windows ですべてのネットワークアクティビティをブロックするファイアウォールルールを適用したにも関わらず、ネットワーク脅威対策コンポーネントが PortScan 攻撃を検知する場合があります。

これは、ネットワーク脅威対策がファイアウォールコンポーネントよりも前に反応するためです。それにより、管理者がネットワークで疑わしいアクティビティを検知できます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了