Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server を管理するための主なテキストコンソールコマンド

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server を管理するための主なテキストコンソールコマンド

"ターミナル経由の操作"へ戻る
2012 11月 26 Article ID: 2688
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server

この記事では、Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server のタスクを管理するための主なテキストコンソールコマンドについて説明します。

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server のすべてのタスクは、フォルダー /opt/kaspersky/kav4fs/bin/ 内にある kav4fs-control ユーティリティで管理します。

各タスクには ID が割り当てられており、以下のコマンドを使用してタスクを検索できます:

 # kav4fs-control --get-task-list

このコマンドは、タスクの一覧(各タスクの現在のステータスおよび ID を含む)を返します。

# kav4fs-control --get-task-state <ID> - 指定した ID のタスクのステータスを表示します。
 
 # kav4fs-control --start-task <ID> - 指定した ID のタスクを開始します。
 
 # kav4fs-control --stop-task <ID> - 指定した ID のタスクを停止します。
 
 # kav4fs-control --suspend-task <ID> - 指定した ID のタスクを一時停止します。
 
 # kav4fs-control --resume-task <ID> - 指定した ID のタスクを再開します。
 
 # kav4fs-control --progress <ID> - 指定した ID のタスクの進行状況を表示します(オンデマンドスキャンおよび更新タスクに対してのみ使用可能)。

以下のコマンドは、新しいタスクを作成します:

# kav4fs-control --create-task <task_name>

このコマンドには、以下のオプションを指定できます:

--use-task-type <task_type> - 新しいタスクの種類。 「Update」または「ODS」を指定できます。

--file <file_path> - 指定したファイルから設定を取得します。

以下のコマンドは、指定した ID のタスクを削除します:

# kav4fs-control --delete-task <ID>

以下のコマンドは、タスク設定をファイルにエクスポートします:

# kav4fs-control --get-settings <ID> --file=<file_path>

ファイル形式(XML または INI)は、拡張子によって自動的に識別されます。また、-file-format 引数を使用して指定することもできます。

以下のコマンドは、タスク設定をファイルからインポートします:

# kav4fs-control --set-settings <ID> --file=<file_path>

ファイル形式(XML または INI)は、拡張子によって自動的に識別されます。また、-file-format 引数を使用して指定することもできます。

以下のコマンドは、Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server の設定をファイルにエクスポートします:

# kav4fs-control --get-app-settings --file=<file_path>

ファイル形式(XML または INI)は、拡張子によって自動的に識別されます。また、-file-format 引数を使用して指定することもできます。

以下のコマンドは、Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server の設定をファイルからインポートします:

# kav4fs-control --set-app-settings --file=<file_path>

ファイル形式(XML または INI)は、拡張子によって自動的に識別されます。また、-file-format 引数を使用して指定することもできます。

以下のコマンドは、Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server を制御します:

# kav4fs-control -start-app - Anti-Virus を起動します。

# kav4fs-control --restart-app - Anti-Virus を再開します。

# kav4fs-control --stop-app - Anti-Virus を停止します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了