Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server の Web コンソールの[隔離]タブについて

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server の Web コンソールの[隔離]タブについて

"コンソール経由の操作"へ戻る
2012 11月 08 Article ID: 4320
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server

隔離]タブでは、(ヒューリスティックアナライザーまたは手動で)隔離されたファイルの表示、削除、復元を実行したり、隔離されている疑わしいファイルを分析したりできます。

隔離されているファイルを復元するには、そのファイル選択し、[復元]をクリックします。

隔離されているファイルを削除するには、そのファイル選択し、[削除]をクリックします。 隔離フォルダーの中身をすべて削除するには、[すべて削除]をクリックします。

隔離されているオブジェクトをスキャンするには、ウィンドウの右側にある緑色の再生ボタン  をクリックします:

隔離されているファイルは、ファイル名または脅威名で検索することもできます。 追加の検索オプション(ステータスや脅威レベル)を有効にするには、[アドバンスモード]をクリックします。


 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了