定義データベースの更新後にそのレジストリ数(脅威の種類)が減少する理由について

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

定義データベースの更新後にそのレジストリ数(脅威の種類)が減少する理由について

"全般情報"へ戻る
2012 1月 23 Article ID: 4406
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server

定義データベースの更新後、定義データベースのレジストリ数(脅威の種類)が更新前より減少している場合があります。 これは、カスペルスキーのウイルスアナリストが定義データベース(脅威シグネチャ)の最適化に努めているためです。

この結果、カスペルスキー製品のユーザーがダウンロードする定義データベースの品質が向上し、そのサイズは縮小されています。 この最適化は常時実行されるので、定義データベースのレジストリ数は常に変化します。 また、カスペルスキーのエキスパートは、コンピューター上の定義データベースを最新の状態に維持することを推奨しています。 定義データベースを定期的に更新することを忘れないようにしてください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了