Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition のインストール

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition のインストール

"インストール/削除"へ戻る
2012 1月 23 Article ID: 4495
 
 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition のインストールには、以下のコンポーネントのインストールが含まれます:

  • アンチウイルスアプリケーション本体 - このアプリケーションによって保護するサーバーにインストールします
  • 管理コンソール(MMC) - 保護対象サーバまたはリモートコンピューターにインストールします
  • Kaspersky Administration Kit 経由で Anti-Virus を管理するためのプラグイン - Anti-Virus の管理に使用する管理コンソールがインストールされている各コンピューターにインストールします

上記 3 つのコンポーネントのインストールには、ローカルで行う、コマンドラインから行う、Active Directory ポリシーを使用して行う、Kaspersky Administration Kit のリモートインストールタスクを使用して行うの 4 種類の方法があります。以下の表に、各コンポーネントに可能なインストール方法と、推奨する使用方法を示します。 

Kaspersky Anti-Virus のインストールファイルは、 x86\ および x64\ の 2 つのフォルダー内にあります。フォルダー x86\ には 32 ビット版の Microsoft Windows が稼働するサーバー用のインストールファイルが格納されており、フォルダー x64\ には 64 ビット版の Microsoft Windows が稼働するサーバー用のインストールファイルが格納されています。 

ローカル

コマンドライン

Active Directory

Kaspersky Administration Kit

Anti-Virus

\server\setup.exe 

セットアップウィザードを開始する

\server\kavws.msi 

コマンドラインスイッチを使用して、Anti-Virus のインストールパラメーターを変更可能

\server\kavws.msi

 


 コマンドラインスイッチは使用不可

 

インストールパッケージ作成用ファイル
 
\server\kavws.kpd
Anti-Virus 管理コンソール(MMC

\client\setup.exe 

セットアップウィザードを開始する

\client\kavwstools.msi

コマンドラインスイッチを使用して、インストール先フォルダーおよびインストールするコンポーネントを変更可能

\client\kavwstools.msi

 

コマンドラインスイッチは使用不可

 インストールパッケージを作成するときに、[指定した実行ファイルのインストールパッケージを作成する]を選択し、以下のファイルを指定:

\client\setup.exe.

[実行ファイルのコマンドライン]フィールドにコマンドラインスイッチを指定することで、インストール先フォルダーおよびインストールするコンポーネントを変更可能

Kaspersky Administration Kit 用 Anti-Virus 管理プラグイン

\plugin\klcfginst.exe

\plugin\kavws_akplg.msi

この方法は非対応

 ファイル \setup.exe はローカルインストールにも使用できます。このファイルからは、インストールするコンポーネントの選択や、『インストールガイド』の表示、さらに Anti-Virus 製品の説明のページやテクニカルサポートページの表示が可能です。 

例:

- コマンドラインを使用したインストール 

  • デフォルトのインストールパラメーターを使用して、サイレントモードでインストールするには: 

msiexec /i kavws.msi /qn 

  • デフォルトのインストールパラメーターを使用し、インストールのインターフェイスを表示してインストールするには: 

msiexec /i kavws.msi /qf 

  • ライセンスキー C:\0000000A.key を使用してインストールするには:  

msiexec /i kavws.msi LICENSEKEYPATH=C:\0000000A.key /qn 

  • アクティブプロセスとローカルドライブのブートセクターを事前にスキャンしてインストールするには:

msiexec /i kavws.msi PRESCAN=1 /qn 

  • Anti-Virus をインストールし、インストールファイルをフォルダー C:\WSEE に保存し、リモート管理プログラムを危険ではないプログラムとして処理対象から除外するには(Anti-Virus はリモートプログラムを検知しますが処理は行いません): 

msiexec /i kavws.msi INSTALLDIR=C:\WSEE RADMINEXCLUSION=1 /qn 

  • ワークステーション上に Anti-Virus コンソールとヘルプファイルのみをインストールするには: 

msiexec /i kavwstools.msi ADDLOCAL=MmcSnapin,Help /qn 

  • Anti-Virus 管理ツールのすべてのコンポーネントをインストールするには: 

msiexec /i kavwstools.msi /qn

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了