Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition サブシステムのコード

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition サブシステムのコード

"全般情報"へ戻る
2012 1月 23 Article ID: 4543
 
 
 
 
以下の表にサブシステムのコードを示します。これらのコードは、トレースログによる診断用データの記録を行う際に、対象とするサブシステムを指定するために使用します。コードの大文字、小文字は区別されます。

サブシステムコード

サブシステム名

*

すべてのコンポーネント(デフォルト)

gui

GUI サブシステム、Kaspersky Anti-Virus の MMC スナップイン

AK_conn

Kaspersky Administration Kit のネットワークエージェントとの統合サブシステム

bl

コントロールプロセス。Anti-Virus の管理タスクを実行します

wp

メインプロセス、Anti-Virus による保護タスクを実行します

blgate

Anti-Virus のリモート管理プロセス

ods

オンデマンドスキャンサブシステム

oas

リアルタイムのファイル保護サブシステム

qb

隔離とバックアップのサブシステム

scandll

アンチウイルススキャンの補助モジュール

core

アンチウイルスの基本機能を実行するサブシステム

avscan

アンチウイルス処理を実行するサブシステム

avserv

アンチウイルスのカーネル管理を実行するサブシステム

prague

基本サブシステム

scsrv

スクリプトのインターセプトに関するクエリを送信するサブシステム

script

スクリプトインターセプター

updater

定義データベースおよびプログラムモジュールの更新を実行するサブシステム

snmp

SNMP をサポートするサブシステム

perfcount

パフォーマンスカウンターに関連するサブシステム

★★★Kaspersky Anti-Virus スナップイン(gui)および Kaspersky Administration Kit 用の管理プラグイン(AK_conn)のトレースログを生成するには、該当するコンポーネントの再起動が必要です。

SNMP サポートサブシステム(snmp)のトレースログを生成するには、SNMP サービスの再起動が必要です。パフォーマンスカウンター(perfcount)のトレースログを生成するには、パフォーマンスカウンターを実行するすべてのプロセスの再起動が必要です。

上記以外のすべての Kaspersky Anti-Virus サブシステムのトレースは、トレースパラメーターの保存直後に実行されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了