Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise 信頼ゾーンに追加したアプリケーションのスキャンが行われる理由

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise 信頼ゾーンに追加したアプリケーションのスキャンが行われる理由

"トラブルシューティング"へ戻る
2014 5月 30 Article ID: 4649
 
 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterpriseの信頼リストにアプリケーションが追加されると、制御用チェックサム(ハッシュ)が生成されます。

保護対象サーバーの管理者権限を持たないユーザーアカウントで Kaspersky Administration Kit コンソールを実行し、アプリケーションを信頼ゾーンに追加した場合ハッシュ値の計算が出来ません。
信頼ゾーンにアプリケーションを追加するためには[参照]使用してアプリケーションへの正確な絶対パス指定してください。 

参照ボタンで開いたウインドウにて管理対象サーバーの管理者権限を持つアカウントを使用し、管理対象サーバーのサーバー名および追加するアプリケーションの絶対パスを指定してください(例 : \\サーバー名\C$)。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了