Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition で特定のイベントを通知するための設定

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition で特定のイベントを通知するための設定

"設定 / 操作方法"へ戻る
2012 1月 23 Article ID: 4651
 
 
 
 

Kaspersky Anti-Virus ログに記録されないイベントも通知するよう設定できます。

Kaspersky Anti-Virus の特定のイベントの発生を通知するようにするには、[Kaspersky Anti-Virus]ノードを右クリックし、[通知の設定]を選択します。


 
イベントリスト内で対象のイベントを選択して(Shift + Ctrl キーを押下して複数のイベントを選択可能)、[ユーザーへの通知]または[管理者への通知]あるいは、その両方のセクションで目的の通知方法を選択します。

  [ユーザーへの通知]のセクションは、ユーザーのアクティビティに関連するイベントに対してのみ指定できます。たとえば、サーバー上に感染オブジェクトを書き込もうとした場合、またはそのようなオブジェクトを読み出そうとした場合、イベント「脅威が検出されました」が生成されます。通常このような種類のイベントには、ユーザーに関する情報が含まれています。

  通知設定および通知の種類は、イベントごとに設定します。複数のイベントに対して、イベント通知設定を一括して変更する場合は、Shift + Ctrl キーを押下して複数のイベントを選択し、必要な変更を行います。
 

電子メールによる通知の設定例:


 
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了