応答ファイルを使用したポストインストールスクリプトの実行について

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

応答ファイルを使用したポストインストールスクリプトの実行について

"インストール/削除"へ戻る
2012 1月 24 Article ID: 4907
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server

特定のパラメーターを指定してポストインストールスクリプトを自動的に実行する必要がある場合、インストールパラメーターのリストを含む応答ファイルを使用します。 応答ファイル内のインストールパラメーターのリストを表示するには、-h パラメーターを指定してインストールスクリプト(/opt/kaspersky/kav4fs/bin/kav4fs-setup.pl)を実行します:
 
 
 EULA_AGREED=yes                                                                   使用許諾契約書への同意。インストールを続行できるようにするには「yes」を指定する必要があります。
 SERVICE_LOCALE=<locale>                                           kav4fs-supervisor サービスのローカルインストール。
 INSTALL_KEY_FILE=<path>                                            キーファイルのパス。
 UPDATER_SOURCE=AKServer|KLServers|<url>       更新元の種類。
 UPDATER_PROXY=no|<url>                                            更新をダウンロードするためのプロキシ設定。
 UPDATER_EXECUTE=<yes|no>                                      定義データベース更新タスクを実行します。
 UPDATER_ENABLE_AUTO=<yes|no>                            自動更新を有効にします。
 RTP_BUILD_KERNEL_MODULE=yes|no                                リアルタイム保護モジュールをコンパイルします。
 RTP_BUILD_KERNEL_SRCS=<path|auto>                   Linux kernel ソースのパス。デフォルトのフォルダーを使用する場合、「auto」を指定します。
 RTP_SAMBA_ENABLE=yes|no|auto                                       Samba サーバーの統合を有効にします。
 RTP_SAMBA_CONF=<path>                                           Samba サーバーの設定ファイルのパス。
 RTP_SAMBA_VFS=<path>                                              Samba サーバーの VFS ライブラリのパス。
 RTP_SAMBA_VFS_MODULE=<path>                            インストールする VFS モジュールへのパス。
 RTP_START=<yes|no>                                                     リアルタイム保護タスクを開始します。
 
上記のパラメーターをテキストファイル内で指定し、引数「--auto-install」を指定してポストインストールスクリプトを実行します:
 
# /opt/kaspersky/kav4fs/bin/kav4fs-setup.pl -auto-install=answers.txt

 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了