Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition をクラスターサーバーにインストールする方法

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition をクラスターサーバーにインストールする方法

"インストール/削除"へ戻る
2013 6月 09 Article ID: 6001
 
 
 
 

はい、できます。Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition は、アクティブ/アクティブまたはアクティブ/パッシブモードで実行中のクラスターサーバー(Microsoft Cluster Server)にインストールできます。

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition は「クラスターを意識しない」アプリケーションです。 そのため、クラスター全体を停止する必要がありません。 ただし、インストールの実行前にクラスターソフトウェアを停止しておくことをお勧めします。また、クラスターソフトウェアを停止できない場合は、クラスターのリソース上で負荷を制限してください。

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition は、以下の OS で動作するクラスターサーバー上にインストールできます:

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server (SP 4 + 更新プログラムロールアップ 1)
  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition SP1 以上
  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition SP1 以上
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition SP1 以上
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition SP1 以上
  • Microsoft Windows Server 2003 x64 Enterprise Edition SP1 以上
  • Microsoft Windows Server 2003 x64 Datacenter Edition SP1 以上
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 x64 Enterprise Edition SP1 以上
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 x64 Datacenter Edition SP1 以上
  • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 Data Center Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 Core Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 Core Data Center Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 x64 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 x64 Data Center Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 Core x64 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 Core x64 Data Center Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Core Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Core Datacenter Edition

 Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition はクラスターディスク上にインストールしないでください。 クラスターディスク上にインストールした場合、クラスターディスクの所有権を持つクラスターノードしか保護されない状態が一時的に発生します。

 インストール手順

各クラスタサーバーに対して、以下の手順を実行します:

  1. クラスターノードを停止します:
    1. クラスターアドミニストレーターを使用して、このクラスターノード上のクラスターサービスを停止します。
    2. このノードが所有権を持つすべてのクラスターリソースに対して、フェイルオーバー処理が正常に完了するまで待ちます。
  2. Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition を、このノードに対して任意の方法でインストールします。
     
      上記の手順でこのノード上のクラスターサービスを停止しなかった場合は、Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition のインストール中にセットアップウィザードで[インストール後にリアルタイム保護を有効にする]チェックボックスをオフにしてください。 サイレントインストールを実行する場合は、コマンドラインスイッチ  /RUNRTP=0 を使用してください。
     
    これを怠ると、Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition をインストールしてリアルタイム保護を開始した後、アンチウイルスがクォーラムリソースおよび %systemroot%\Cluster へのアクセスを妨害することにより、クラスターの遅延が発生する可能性があります。
  3. クラスターノードを起動します:
    1. クラスターアドミニストレーターを使用して、このクラスターノード上のクラスターサービスを開始します。
    2. このノードが所有権を持つすべてのクラスターリソースに対して、フェールバック処理が正常に完了するまで待ちます。

 一般的な推奨事項および注意事項

  • クラスターの遅延を防ぐために、リアルタイムファイル保護タスクのスキャンから以下のオブジェクトを除外することをお勧めします:
    • クラスタクォーラムディスク(通常は「Q:」)
    • クラスターログフォルダー(C:\Windows\Cluster

上記のオブジェクトは、Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition がインストールされている各クラスターノードで除外する必要があります。

  • 隔離領域およびバックアップ領域へのパスに、クラスターディスク上のフォルダーを指定しないでください。 このように指定した場合、このクラスターディスクの所有権を持つクラスターノード上の保管領域に対して、一度に 1 つの Anti-Virus しかアクセスできなくなります。
  • クラスターディスク上のフォルダーの指定に環境変数を使用しないでください。
  • Kaspersky Administration Kit を使用してリモートインストールを実行する場合は、共通のクラスター名ではなく、クラスターサーバーのローカル名を使用してください。
  • 各クラスターノード上の Anti-Virus が生成したすべてのイベントや通知には、共通のクラスター名ではなく、ノードのネットワーク名が使用されます。
  • 既定では、共有クラスターディスクは、その所有権を持つクラスターノード上にインストールされている Anti-Virus によって保護されます。
     
    共有クラスターから他のクラスターノード上に移行されたデータは、移行されたノード上で実行されている Anti-Virus によって保護されます。
  • 更新タスクの更新元には、共有クラスターディスク上のフォルダーを指定しないでください。 共有クラスターディスク上のフォルダーを指定した場合、更新が実行されるのは、共有クラスターディスクの所有権を持つクラスターノード上にインストールされた Anti-Virus だけになります。
  • 共有クラスターディスクのデータが他のクラスターノード上に移行されると、共有クラスターディスクに対するオンデマンドスキャンが再開されなくなります。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了