Linux でネットワークエージェントのトレースファイルを取得する方法

 

Kaspersky Security Center

 
 
 

Linux でネットワークエージェントのトレースファイルを取得する方法

"診断"へ戻る
更新日: 2021年03月23日 Article ID: 6841
 
 
 
 

Linux でネットワークエージェントのトレースファイルを取得するには:

  1. ネットワークエージェントのトレースを有効にします:
mkdir -p /etc/opt/kaspersky/klnagent/1103/1.0.0.0/Debug
echo -n 5 > /etc/opt/kaspersky/klnagent/1103/1.0.0.0/Debug/TraceLevel
  1. ネットワークエージェントを再起動します。

    • 32 ビットオペレーティングシステムの場合:

    • systemctl restart klnagent
    • 64 ビットオペレーティングシステムの場合:

    • systemctl restart klnagent64
systemctl コマンドは、一部のオペレーティングシステムでは使用できません。使用できない場合は、代わりに次のいずれかのコマンドを使用してください。
  • /etc/init.d/klnagent restart
  • /etc/init.d/klnagent64 restart

トレースファイルが作成されます。ファイルは次の場所に保存されます。

  • For 32-bit operating systems: /opt/kaspersky/klnagent/sbin/$klnagent-1103.log
  • For 64-bit operating systems: /opt/kaspersky/klnagent64/sbin/$klnagent-1103.log
  1. ネットワークエージェントのトレースを無効にします。
rm -rf /etc/opt/kaspersky/klnagent/1103/1.0.0.0/Debug
  1. ネットワークエージェントを再起動します。

以上で完了です。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了