Linux でネットワークエージェントのトレースファイルを取得する方法

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Linux でネットワークエージェントのトレースファイルを取得する方法

"診断"へ戻る
更新日: 2020年08月13日 Article ID: 6841
 
 
 
 

Linux でネットワークエージェントのトレースファイルを取得するには:

  1. /etc/init.d/klnagent を編集モードで開きます。
  2. start() セクションの ${BIN} 行を ${BIN} -tl 5 -tf /tmp/klnagent.trace に置き換えます。

Network Agent configuration file in Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers 

  1. 変更内容を保存し、ネットワークエージェントを再起動します:
/etc/init.d/klnagent restart
  1. Trace level [ Detailed ] でトレースログの取得を有効にします。
  2. 問題を再現させます。
  3. トレースログの取得を無効にします。
  4. /etc/init.d/klnagent を編集モードで開きます。
  5. start() セクションの -tl 5 -tf /tmp/klnagent.trace 行を ${BIN} に置き換えます。
  6. 変更内容を保存し、ネットワークエージェントを再起動します。
  7. フォルダー /tmp/traces を作成します。このフォルダーが既に存在する場合は、フォルダーの中身を削除します。
  8. 次のコマンドを実行します:
grep klnagent /var/log/messages > /tmp/traces/klnagent.mesg
cp /tmp/klnagent.trace /tmp/traces
tar -jcf traces_nagent.tar.bz2 /tmp/traces

トレースファイルが作成されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了