Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server を Kaspersky Administration Kit 経由でアップグレードする方法

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server を Kaspersky Administration Kit 経由でアップグレードする方法

"インストール/削除"へ戻る
Article ID: 6980
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server

警告 FreeBSD システム上にインストールされている Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server は、FreeBSD のネットワークエージェントが存在しないため、Kaspersky Administration Kit 経由でアップグレードできません。.
 
 
 Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server を Kaspersky Administration Kit 経由でアップグレードする方法:

  1. 新しいバージョンの管理コンソールプラングインをインストールします(ファイル klcfginst.exe をダウンロードし、実行します)。
     
  2. Kaspersky Anti-Virus のリモートアンインストールグループタスクを作成し、実行します:
     
     
     
  3. 新しいバージョンのネットワークエージェントのインストールパッケージを作成します(ファイル klnagent.kpd を含むフォルダーには、klnagent_8.x.x-xxx_i386.debklnagent-8.x.x-xxx.i386.rpm)および akinstall.sh も含める必要があります):
     
     
     
  4. 選択したコンピューターに新しいバージョンのネットワークエージェントをインストールします:
     
     
     
  5. 新しいバージョンの Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server のインストールパッケージを作成します(ファイル kav4fs.kpd を含むフォルダーには、kav4fs_8.0.x-xxx_i386.debkav4fs-8.0.x-xxx.i386.rpm)および akinstall.sh も含める必要があります):
     
     
     
     
  6. ステップ 4 と同様に、選択したコンピューターに新しいバージョンの Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server をインストールします。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了