Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server のリアルタイム保護モジュールをコンパイルできない

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server のリアルタイム保護モジュールをコンパイルできない

"トラブルシューティング"へ戻る
2016 11月 14 Article ID: 8558
 
 
 
 
Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server のインストール中に、リアルタイム保護モジュールのコンパイルプロセスがエラーで終了することがあります。主な理由は、次の 2 つです:
  1. リアルタイム保護モジュールが間違ったシステムのカーネル(またはカーネルヘッダー)のバージョンに対してコンパイルされている場合。
    たとえば、システムにコンパイルされている 2 つのカーネルのバージョン(2.6.32-5 および 2.6.28-3)があります。カーネル 2.6.32-5 でシステムが起動されているのに、カーネル 2.6.28-3 に対してモジュールをコンパイルしようとしている場合に、このエラーが発生します。
    このような場合は、システムで現在使用されているカーネル(またはカーネルヘッダー)のソースコードをインストールします。以下のコマンドを使用します:
    • Debian システム の場合:

      # apt-get install linux-headers-`uname -r`
      # apt-get install linux-source-`uname -r

    • Red Hat システム の場合:

      # yum install linux-headers-`uname -r`
      # yum install kernel-headers-`uname -r`
      # yum install linux-source-`uname -r
      # yum install kernel-source-`uname -r

    • SUSE の場合:

      # zypper in kernel-source-`uname -r`

  2. 当アプリケーションが使用しているシステムのカーネルをサポートしていない場合。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了