カスペルスキー アンチウイルス のウイルス定義データーベースを更新するには

 

カスペルスキー アンチウイルス

 
 
 

カスペルスキー アンチウイルス のウイルス定義データーベースを更新するには

"閲覧回数の多い記事"へ戻る
2013 1月 25 Article ID: 8668
 
 
 
 

関連製品:カスペルスキー アンチウイルス


目次:


定義データベースのアップデート理由

新しいウイルス、トロイの木馬、悪意のあるソフトウェアが毎日のように出現しているため、常に個人情報を保護するために定期的にアプリケーションをアップデートすることが重要です。カスペルスキー アンチウイルス の定義データベースには、脅威に関する情報や無害化の方法が保存されます。したがって、信頼性の高い保護を維持するには、アプリケーションの定期的なアップデートが欠かせません。コンピューターの完全スキャンを少なくとも週に 1 回は実行することもお勧めします。

アプリケーションは、以下のアップデートをコンピューターにダウンロードしてインストールします:

  • カスペルスキー アンチウイルス 定義データベース。脅威とネットワーク攻撃のシグネチャ、およびそれらに対処するための方法を含むデータベースに基づいて情報が保護されます。プロテクションコンポーネントは、これらのデータベースを使用してコンピューター上の危険なオブジェクトを検索し、感染を駆除します。データベースには、1 時間おきに新しい脅威の記録が追加されます。したがって、定期的にデータベースをアップデートすることをお勧めします。カスペルスキー アンチウイルス 定義データベースに加え、製品のコンポーネントがネットワークトラフィックをインターセプトするためのネットワークドライバーもアップデートされます。
  • アプリケーションモジュールカスペルスキー アンチウイルス の定義データベースの他、修正モジュールのアップデートも可能です。アップデートパッケージにより、アプリケーションのぜい弱性が修正され、新しい機能が追加されたり、既存の機能が改善されたりします。

情報Kaspersky Lab のアップデートサーバーからアップデートをダウンロードするには、コンピューターがインターネットに接続されている必要があります。デフォルトでインターネット接続設定が自動的に決定されます。ただし、プロキシサーバーを使用してインターネットに接続している場合は、プロキシサーバーを設定することをお勧めします。

カスペルスキー アンチウイルス は、有効になっているコンポーネントだけを対象にしたアップデートのダウンロードオプションを含んでいます。このオプションを使用すると、ダウンロードファイルのサイズとアプリケーションのアップデートに必要な時間を削減できます。コンポーネントを有効にすると、必要な定義データベースのアップデートがただちに開始されます。そのため、コンピューターの保護は常に最新の状態になります。

初期設定では、カスペルスキー アンチウイルス はアップデートを自動的にダウンロードします。アップデートプロセスは[手動開始]また[カスタム]に設定することもできます。

目次に移動 ↑

製品のコンテキストメニューから定義データベースのアップデートを開始する方法

製品のコンテキストメニューから定義データベースのアップデートプロセスを実行できます。このためには、以下の操作を実行します:

  1. 画面右下隅のカスペルスキーアイコンを右クリックします。
  2. コンテキストメニューが開いたら、[アップデート]を選択します。

  1. アップデート]ウィンドウが開きます。

  1. アップデートのプロセスが完了するまで待ちます。

目次に移動 ↑

定義データベースのアップデートをメインウィンドウから開始する方法

カスペルスキー アンチウイルス の定義データベースをメインウィンドウからアップデートするには、以下の操作を実行します:

  1. メインウィンドウを開きます
  2. アップデート]ボタンをクリックします。

  1. 表示されるウィンドウで、[アップデートの実行]ボタンをクリックします。

  1. アップデートプロセスが完了するまで待ちます。

目次に移動 ↑

アップデート中のエラーへの対処

カスペルスキー アンチウイルス のアップデート中に問題が発生したら、KB8582 で説明する対策を実行します。

目次に移動 ↑

     
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了