カスペルスキー アンチウイルス を試用版として利用するには ?

 

 

カスペルスキー アンチウイルス

 
 
 

カスペルスキー アンチウイルス を試用版として利用するには ?

"ライセンス"へ戻る
2013 8月 23 Article ID: 8679
 
 
 
 

目次:


アクティベーションオプション

警告カスペルスキー アンチウイルス の試用版をアクティベーションするには、インターネット接続が確立されている必要があります。

カスペルスキー アンチウイルス をアクティベーションするには、以下の 2 つの方法があります:
  • 製品版のアクティベーション - 20 桁のアクティベーションコードを入力します。アクティベーションには、コンピューターがインターネットに接続されている必要があります。アクティベーションウィザードは自動的にキーをダウンロードおよびインストールします。
  • 試用版をアクティベートする:アクティベーションウィザードは 30 日間有効なキーファイルをダウンロードします。アクティベーションには、コンピューターがインターネットに接続されている必要があります。試用版ではすべての機能が使用可能ですが、試用期間が過ぎるとアンチウイルスの定義データベースをアップデートできなくなります。 
  • 情報試用版のアクティベーション]を選択できない場合は、以下の 2 つのケースが考えられます: a)すでに試用版がインストール済みである b)現在、試用版をインストール中である。

設定された期間にカスペルスキー アンチウイルス を使ってみたい場合は、試用版のライセンスが必要です。試用版ライセンスは、カスペルスキーから無料で提供されます。

カスペルスキー アンチウイルス のアクティベーションは、以下の方法で実行できます: 

  • 製品のインストール中
  • インストール後にアプリケーションインターフェイスから

プログラムインストール時に試用版をアクティベーションする方法

カスペルスキー インターネット セキュリティ の製品版のアクティベーションを実行するには、以下の操作を実行します:
  1. コンピューターのシステム日付が正しく設定されているか確認してください。
  2. カスペルスキー アンチウイルス のアクティベーション]ウィンドウで、[試用版のアクティベーション]を選択します。
  3. 進む]ボタンをクリックして、インストールプロセスを続行します。 

  1. アクティベーションウィザードは Kaspersky Lab のサーバーに接続して、ライセンスキーファイルをダウンロードします。
  2. キーファイルを入手すると、情報ウィンドウでアクティベーションの成功が通知されます。
  3. 終了]ボタンをクリックします。

目次に移動 ↑ 

プログラムインストール後に試用版をアクティベーションする方法

メインウィンドウからアプリケーションをアクティベーションするには、以下の操作を実行します:
  1. コンピューターのシステム日付が正しく設定されているか確認してください。
  2. メインウィンドウを開きます
  3. ウィンドウ下部の右側にある[アクティベーションコードの入力]リンクをクリックします。

  1. ライセンス]ウィンドウで、[アクティベーションの実行]ボタンをクリックします。

  1. カスペルスキー アンチウイルス のアクティベーション]ウィンドウで、[試用版のアクティベーション]を選択します。[進む]ボタンをクリックして、インストールプロセスを続行します。 
     
    1. アクティベーションウィザードは Kaspersky Lab のサーバーに接続して、ライセンスキーファイルをダウンロードします。
    2. キーファイルを入手すると、情報ウィンドウでアクティベーションの成功が通知されます。
    3. 終了]ボタンをクリックします。

    目次に移動 ↑ 

     
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了