カスペルスキー インターネット セキュリティ の保護者による管理を有効/無効にするには ?

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ の保護者による管理を有効/無効にするには ?

"すべての記事"へ戻る
更新日: 2020年01月24日 Article ID: 8721
 
 
 
 

関連製品:カスペルスキー インターネット セキュリティ


目次:

初期設定では、カスペルスキー インターネット セキュリティ のインストール後、保護者による管理コンポーネントは無効になっています。 

メインウィンドウからコンポーネントを有効または無効にする方法

メインウィンドウから保護者による管理コンポーネントを有効/無効にするには、以下の操作を実行します:

  1. メインウィンドウを開きます。
  2. メインウィンドウで、[保護者による管理]をクリックします。

  1. メインウィンドウ右側の選択したユーザーの名前の横で、以下の操作を実行します:
    • 保護者による管理を有効にする場合は、[有効にする]をクリックします。

    • 保護者による管理を無効にする場合は、[無効にする]をクリックします。

目次に移動

[設定]ウィンドウからコンポーネントを有効または無効にする方法

設定]ウィンドウから保護者による管理コンポーネントを有効/無効にするには、以下の操作を実行します:

  1. メインウィンドウを開きます。
  2. メインウィンドウの右上隅の[設定]をクリックします。

  1. 設定]ウィンドウの[詳細]タブに移動し、[保護者による管理]セクションを選択します。
  2. ウィンドウ右側で、対象のユーザーアカウントを選択して以下の操作を実行します:
    • 保護者による管理を有効にする場合は、[有効にする]をクリックします。
    • 保護者による管理を無効にする場合は、[無効にする]をクリックします。

  1. 設定]ウィンドウで、[OK]をクリックします。
  2. メインウィンドウを閉じます。

または

  1. メインウィンドウを開きます。
  2. メインウィンドウで、[保護者による管理]をクリックします。

  1. 保護者による管理]ウィンドウで、保護者による管理を有効または無効にする歯車とグラフのアイコンの付いたボタンをクリックします。

  1. 保護者による管理]ウィンドウ右側の[ユーザーアカウント設定]セクションで、以下の操作を実行します:
    • 保護者による管理を有効にする必要がある場合は、[アカウントを有効にする]チェックボックスをオンにします。
    • 保護者による管理を無効にする必要がある場合は、[アカウントを有効にする]チェックボックスをオフにします。

  1. 保護者による管理]ウィンドウで、[OK]をクリックします。
  2. メインウィンドウを閉じます。

目次に移動

プログラムアイコンのコンテキストメニューからコンポーネントを有効または無効にする方法

アプリケーションアイコンのコンテキストメニューから保護者による管理コンポーネントを有効/無効にするには、以下の操作を実行します:

  1. 画面右下にあるアプリケーションアイコンを右クリックします。
  2. 以下の操作を実行します:
    • 現在のユーザーアカウントの管理を有効にする場合は、[保護者による管理を有効にする]メニュー項目を選択します。

    • 現在のユーザーアカウントの管理を無効にする場合は、[保護者による管理を無効にする]メニュー項目を選択します。

ページの先頭に戻る

目次に移動

パスワードロック

権限のないユーザーが保護者による管理コンポーネントを無効にできないようにするには、パスワードによるプログラムの保護を行ってください。パスワードを忘れた場合は、KB8947 を参照してください。

目次に移動

コンポーネントの設定方法

特定のアカウントに対する保護者による管理を設定することもできます(KB8722 を参照してください)。 

目次に移動

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了