カスペルスキー アンチウイルス 2013 既知の問題

 

カスペルスキー アンチウイルス

 
 
 

カスペルスキー アンチウイルス 2013 既知の問題

"トラブルシューティング"へ戻る
2012 10月 09 Article ID: 8933
 
 
 
 

関連製品:カスペルスキー アンチウイルス 2013

カスペルスキー アンチウイルス 2013 には、次のような既知の問題があります:

  • ファイルアンチウイルスが特定のファイルフォーマットを誤って処理することがあります。エラー処理に関する情報は、ファイルアンチウイルス操作についてのレポートに表示されます。
  • ローカルネットワークから隔離に移動されたファイルを隔離から元に戻せないことがあります。
  • アプリケーションは、TLS v1.2 を使用するサービストラフィックをスキャンしません。
  • カスペルスキー アンチウイルス 2013 プラグインをアプリケーションインストール後の Internet Explorer の最初の起動時に有効にしていない場合、Web ブラウザーの設定を介さないと、これらのプラグインを追加アクティベーションすることはできません。
  • アプリケーションのインストール後、Internet Explorer の最初の起動時に、カスペルスキー アンチウイルス 2013 プラグインが有効になっている Web ブラウザーがこれらのプラグインを無効にするよう指示することがあります。
  • Mozilla Firefoxカスペルスキー アンチウイルス 2013 の初期設定では、プラグインは無効です。これらのプラグインは、Web ブラウザーの設定を通じてアクティベートされます。
  • Opera ブラウザーの正常な動作を確保するために、暗号化接続用の特別な証明書のインストールを指示されることがあります。
  • カスペルスキー アンチウイルス 2013 からカスペルスキー インターネット セキュリティ 2013 に切り替える際に、アンチウイルス定義データベースをアップデートする必要があります。

カスペルスキー アンチウイルスで障害の兆しが確認されたら、「設定診断」の項の情報を参照して問題を解決してください。

提供される解決策の効果がない場合は、ご購入元の テクニカルサポートにお問い合わせください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了