Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Serverが使用する、外部メールスキャンサービスとテクノロジ

 

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Serverが使用する、外部メールスキャンサービスとテクノロジ

"設定/操作方法"へ戻る
2014 5月 14 Article ID: 9048
 
 
 
 

関連製品 Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server次の外部サービスをアンチウイルススキャン、アンチスパムスキャンに使用します。

グローバルレベルのみ:
  • UDS(Urgent Detection System)はローカルのアンチスパムデータベースのアップデートを必要とせず、既知のスパムインスタンスをフィルターできる便利なサービスです。Kaspersky Lab のサーバに 特別なUDSのリクエストを送信することにより使用可能です。
  • KSN(Kaspersky Security Network)配布サービスシステムです。ユーザーのプロテクションを改善し、新しい脅威のタイプとスパムへのKaspersky Lab ソフトウェアのレスポンスを速め、誤検知を減少させます。KSNのコアの機能はユーザーのコンピュータから Kaspersky Labサーバへ自動的に送信されたビットデータの解析です。
  • レピュテーションサービスは、Urgent Detection System 2により得られたレピュテーションレーティングによって、アンチスパムフィルタ機能を提供します。このシステムはユーザーから受信した、ハッシュ化されたメールデータののクラウドデータベースを持っています。このデータベースは受信メール内のスパムを検知するため使用されます。
  • アドバンスドアップデートサービスはアップデートをプッシュするテクノロジです。アップデートのプッシュはアンチスパムデータベース配布の補助の手段です。この機能が有効な場合、アプリケーションはKaspersky Labサーバとの永続的な接続を維持します。これにより、スパムアナリストによって識別された、最新のスパムシグネチャを受信することが可能となります。この機能は新しいスパムに対するレスポンスを大幅に加速します。

グローバルレベルおよびルールレベル:

  • DNSBLスパム送信元として認識されたIPアドレスのパブリックリストを含むDNSBLサーバです。カスタムDNSBLリストを追加することが可能です。
  • SURBLスパムによって通知されたリンクのパブリックリストを含むSURBLサーバです。カスタムSURBLリストを追加することが可能です。

ルールレベルのみ:

  • SPF は、送信者ドメインの検証を可能にすることで、成りすまし行為を防止します。ドメインは、SPF を使用して特定のコンピューターにドメインを代表してメールを送信する権限を与えます。メッセージの送信者が権限を持つ送信者のリストに含まれない場合、メッセージのスパムレートは上昇します。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了