Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server でトレースファイルを取得する方法

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server でトレースファイルを取得する方法

"トラブルシューティング"へ戻る
更新日: 2020年06月15日 Article ID: 9099
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server Maintenance Pack 3 (バージョン 8.0.3.30)
 
 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server で発生した問題を調査するために、カスペルスキーのテクニカルサポートがトレースファイルの取得をお願いする場合があります。トレースファイルは、問題の原因を特定して解決するのに役立ちます。

トレースファイルを取得するには:

  1. 下記コマンドを実行し、設定をファイルにエクスポートします。
# /opt/kaspersky/klms/bin/klms-control --get-app-settings -f <file_name>
  1. 作成されたファイルを開き、<tracerSettings> セクションに移動します。
  2. <enable> パラメーターを見つけ、値を <enable>=1 に設定します。
  3. <level> パラメーターに適切な値を設定し、トレースファイルの詳細レベルを指定します:
    • Fatal — 致命的なイベントを記録します。
    • Error —エラーイベントを記録します。
    • Warning — 重要なイベントを記録します。
    • Info — 情報レベルのイベントを記録します。
    • Debug — デバッグログ (このレベルのログ出力は、多くのディスク容量を消費します) 
  4. <destination> パラメーターに適切な値を設定し、トレースファイルの保存場所を指定します:
    • Files — 次のディレクトリにセパレートファイルとして記録されます:/var/log/kaspersky/klms
    • Syslog — Operating system log に記録されます。 
  5. 下記コマンドを実行し、ファイルを保存してアプリケーションにインポートします。
# /opt/kaspersky/klms/bin/klms-control --set-app-settings -f <file_name>
  1. 下記コマンドを実行し、アプリケーションを再起動します。
# /etc/init.d/klms restart
  1. 問題を再現させます。
  2. 保存した設定ファイルをエディタで開きます。
  3. <enable> パラメーターを見つけ、その値を <enable>=0 に設定します。
  4. ファイルをアプリケーションにインポートします。

指定したフォルダにトレースファイルが作成されます。

カンパニーアカウント からテクニカルサポートにお問い合わせください。お問い合わせの際には、問題に関する詳細な説明を記載し、トレースファイルを添付してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了