Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server の MIB ファイルへの SNMP エージェントのアクセスを許可する方法

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server の MIB ファイルへの SNMP エージェントのアクセスを許可する方法

"設定と機能"へ戻る
更新日: 2020年06月15日 Article ID: 9140
 
 
 
 

対象製品

  • Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server Maintenance Pack 3 (バージョン 8.0.3.30)
 
 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server の MIB ファイルへの SNMP エージェントのアクセスを許可するには:

  1. /etc/snmp/snmp.conf ファイルを作成し、下記の行を追加します。

mibdirs +/opt/kaspersky/klms/share/snmp-mibs/
mibs all

  1. 下記の行を snmpd.conf ファイルに追加します。

view systemview included .1

  1. snmpd を再起動します。

service snmpd restart

アクセスが許可されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了