Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のオブジェクトに関するメール通知の設定方法

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のオブジェクトに関するメール通知の設定方法

"通知とレポート"へ戻る
2013 6月 09 Article ID: 9143
 
 
 
 

関連製品 Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

オブジェクト(メール)に関する通知はルールレベルにて設定します。

オブジェクトの通知の設定を行うには、ルール設定を開いて通知をクリックします。



オブジェクトに対して設定可能なイベントタイプは4種類あります。

  • 悪意のあるオブジェクトと感染の疑いがあるオブジェクト
  • 暗号化されたオブジェクト
  • 破損したオブジェクトとスキャンエラー
  • 添付ファイルのフィルタリング設定違反

それぞれのイベントの通知は4つのアドレスタイプへ送信可能です。

  • 管理者(メールアドレスは設定 > その他 セクションにて設定します。)
  • 送信者
  • 受信者
  • その他(複数設定可能)


 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了