Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のオブジェクトに関するメール通知の設定方法

 

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のオブジェクトに関するメール通知の設定方法

"通知とレポート"へ戻る
2013 6月 09 Article ID: 9143
 
 
 
 

関連製品 Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

オブジェクト(メール)に関する通知はルールレベルにて設定します。

オブジェクトの通知の設定を行うには、ルール設定を開いて通知をクリックします。



オブジェクトに対して設定可能なイベントタイプは4種類あります。

  • 悪意のあるオブジェクトと感染の疑いがあるオブジェクト
  • 暗号化されたオブジェクト
  • 破損したオブジェクトとスキャンエラー
  • 添付ファイルのフィルタリング設定違反

それぞれのイベントの通知は4つのアドレスタイプへ送信可能です。

  • 管理者(メールアドレスは設定 > その他 セクションにて設定します。)
  • 送信者
  • 受信者
  • その他(複数設定可能)


 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了