Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のイベント通知設定方法

 

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のイベント通知設定方法

"通知とレポート"へ戻る
2013 6月 09 Article ID: 9144
 
 
 
 

関連製品 Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Serverでは以下のイベントタイプの通知を作成できます。

  • データベースがアップデートされていません
  • データベースが長期間アップデートされていません
  • バックアップへのメッセージ保存エラー
  • バックアップの消去エラー
  • バックアップの空きがほとんどありません
  • ライセンスの有効期限直前
  • ライセンスが有効期限を過ぎています
  • キーがブロックされています

それぞれの通知タイプに対して件名と本文を設定できます。いくつかのタイプにはさらにオプションがあります。

  1. 通知は 設定 > 通知タブにて設定します。



  2. スイッチバーでそれぞれのタイプの通知を有効・無効に設定できます。
  3. 通知の件名や本文などを再設定したい場合には、件名や本文をクリックしてください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了