Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のパフォーマンスの統計情報を参照する方法

 

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のパフォーマンスの統計情報を参照する方法

"通知とレポート"へ戻る
2013 6月 09 Article ID: 9145
 
 
 
 

関連製品 Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

以下はKaspersky Security 8.0 for Linux Mail Serverのパフォーマンスの統計情報を参照する方法です。

コンソール上で以下手順を実行します。

以下のコマンドを実行してください。
/opt/kaspersky/klms/bin/klms-control --dashboard

デフォルトでは、1日の統計情報を出力します。以下のキーを使用して、他の間隔を選択可能です。

--month
--week
--hour

統計情報から以下の基準で処理されたメッセージの数を確認可能です。

malware – 感染メッセージ、感染が疑われるメッセージ、破損メッセージ、または暗号化されたメッセージ、およびアンチウイルススキャンでエラーが返されたメッセージの総数。
spam – スパムメッセージ、スパムの疑いがあるメッセージ、および希望しない送信者からのメッセージの総数。
content – コンテンツフィルタリングのルールの条件を満たさないメッセージの総数。
notChecked – 何らかの理由(管理者によるスキャン除外、ライセンスの失効、アンチウイルス/アンチスパム/コンテンツフィルタリング機能の無効など)でスキャンされなかったメッセージの総数。
clean – ステータス Clean としてスキャンされたメッセージの総数。
total – 処理されたメッセージの総数。

Webインターフェースでの設定手順は以下となります。

監視タブへ移動し、30日間、週、日、時間の間隔を選択します。clean, infected, not scanned, spam, contentといった 処理済みメッセージのタイプを含める、または除外することが可能です。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了