Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のレポートを定期的に生成する方法

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のレポートを定期的に生成する方法

"通知とレポート"へ戻る
2013 6月 09 Article ID: 9147
 
 
 
 

関連製品 Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

以下はKaspersky Security 8.0 for Linux Mail Serverのレポートを定期的に生成する方法です。

  1. Webインターフェースにてレポートタブへ移動し、日次、週次、月次のリストからレポートタイプを選択します。
  2. レポートタイプのスイッチバーで有効・無効を設定します。
  3. 設定アイコンをクリックします。



  4. レポートの条件を設定します。
    • レポートが生成される時刻と日(週次の場合には曜日、月次の場合には日付を指定する必要があります)
    • レポート言語
    • レポートでの日付形式
    • 次のメールアドレスにレポートを送信(任意)

 


 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了