Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server の製品版リリース(バージョン 8.0.0.429)

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server の製品版リリース(バージョン 8.0.0.429)

"一般"へ戻る
更新日: 2018 4 18 Article ID: 9200
 
 
 
 
2012 年 9 月 5 日 、カスペルスキーは Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server の製品版を発売しました。完全バージョン番号は 8.0.0.429 です。



Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server は、送受信メールについて、コンテンツフィルタリング、アンチウイルス、アンチスパムによる保護を提供します。

Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server は、Linux システムおよび FreeBSD システムで動作します。また、負荷の高いメールサーバーで使用できます。



主な機能:

  • 送受信メールのアンチスパムとアンチマルウェアによるスキャン標的型攻撃の検知と対策(Zeta Shield tm )。



  • 添付ファイルの名前、種別、サイズによるメールのコンテンツフィルタリング



  • 送信者または受信者のグループルールに基づくメールの処理



  • メールメッセージフィルタリングルールにおける Microsoft Active Directory および OpenLDAP のユーザーおよびグループの使用



  • 標準オペレーティングシステムツール(コマンドライン)または Web インターフェイスからの製品の設定と管理

Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server の機能の完全なリスト


システム要件


Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server のダウンロード


Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server のインストール


Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server の Web インターフェイスのインストール
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了