Kaspersky Security Center 10 の配信パッケージのフル機能版とライト版に含まれるコンポーネント

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 の配信パッケージのフル機能版とライト版に含まれるコンポーネント

"全般情報"へ戻る
2019 3月 04 Article ID: 9288
 
 
 
 

本記事は 以下のKaspersky Security Center 10 のバージョンを対象とした記事です。:

  • Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781.0)
  • Service Pack 2 Maintenance Release 1 (バージョン 10.4.343.0)
  • Service Pack 2 (バージョン 10.3.407.0)
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 のフル機能版とライト版に含まれるコンポーネントの違いを次の表に示します:

コンポーネント  

フル機能版  

ライト版  

管理サーバーの配信パッケージ

あり

あり

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows の配信パッケージ

あり

なし

管理エージェントの配信パッケージ

あり

あり

管理コンソールの配信パッケージ

あり

なし

Microsoft .NET Framework 2.0 SP2

あり

なし

Microsoft SQL Server 2008 R2 Express SP2

あり

なし

Microsoft Windows インストーラー 4.5

あり

なし

Kaspersky Security Center システム正常性検査ツール

あり

なし

モバイルデバイスサーバー Exchange ActiveSync

あり

なし

モバイルデバイスサーバー Kaspersky iOS MDM

あり

なし

MSXML 4.0

あり

なし

Kaspersky Security Center Web コンソールの配信パッケージ

あり

なし

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了