管理サーバーとは

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

管理サーバーとは

"全般情報"へ戻る
2018 11月 07 Article ID: 9294
 
 
 
 

管理サーバーがインストールされているコンピューターは、管理サーバー(またはサーバー)と呼ばれます。

管理サーバーは、次の属性で、コンピューターにサービスとしてインストールされます:

  • 名前は「Kaspersky Security Center 管理サーバー」とする
  • システム起動時に自動的に起動する
  • 管理サーバーのインストール時の選択内容に応じて、ローカルシステムアカウントまたはユーザーアカウントで実行される

管理サーバーは、次の機能を実行します:

  • 論理ネットワーク構造(ネットワーク構成)を保存する
  • クライアントコンピューターの構成情報のコピーを保存する
  • カスペルスキー製品の配信パッケージの保管領域を編成する
  • クライアントコンピューターへの製品のリモートインストールを可能にする
  • 定義データベースとアプリケーションモジュールをアップデートする
  • クライアントコンピューター上のポリシーとグループタスクの管理を可能にする
  • クライアントコンピューター上で発生したイベントに関する情報を保存する
  • 論理ネットワーク内での製品の動作に関するレポートを作成する
  • クライアントコンピューターにライセンスキーを配信し、ライセンスキーに関する情報を保存する
  • クライアントコンピューター上で実行されているタスクに関する通知(クライアントコンピューター上で検知されたウイルスに関するレポートなど)を送信する

1 つの企業ネットワーク内に複数の管理サーバーをインストールできます。管理サーバーは、「マスターサーバー –スレーブサーバー」のような階層構造にできます。各管理サーバーが複数のスレーブサーバーを持つことができます。

管理サーバーは管理コンソールで管理します。管理コンソールは、ネットワークに接続されているどのコンピューターにもインストールできます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了