ホスト名に「~1」(~2、~3 など)が付けられる理由(Kaspersky Security Center)

 

Kaspersky Security Center

 
 
 

ホスト名に「~1」(~2、~3 など)が付けられる理由(Kaspersky Security Center)

"その他の問題"へ戻る
更新日: 2021年10月22日 Article ID: 9299
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security Center 13 (バージョン 13.0.0.11247)
  • Kaspersky Security Center 12(バージョン 12.0.0.7734)
  • Kaspersky Security Center 11(バージョン 11.0.0.1131)
  • Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3(バージョン 10.5.1781.0)
 
 
 
 

問題

次の場合、Kaspersky Security Center 上のホスト名に「~1」(~2、~3 など)が付けられます:

  • デバイスをワークグループからドメインに移行し、その後、再度ワークグループに戻した場合
  • ネットワークカードを入れ替えた場合
  • 別のドメインに同名のホストがある場合
  • 2 つのオペレーティングシステムを搭載し、名前が 1 つだけの場合
  • ネットワークエージェントがインストールされたデバイスで作成されたイメージでシステムを導入する場合

原因

管理サーバーデータベースで 1 台の物理デバイスに 2 件のレコードが対応する場合、このような「 重複 」が論理ネットワークに表示されます。コンピューター名の競合を避けるために、「~1」(~2、~3 など)が付けられます。加えて、エージェントの管理サーバーとの接続では、1 つの名前しかサポートされません。


解決方法

競合を解消するためには、上記のような「 重複して表示されたデバイス 」をすべて見つけ出し、Kaspersky Security Center から削除します。

既存のホストを削除してしばらくすると、削除されたホストは「 未割り当てデバイス 」に再び表示されます。

 
 
 
 
 

解決しない場合

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了