アプリケーション管理プラグインとは?

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

アプリケーション管理プラグインとは?

"全般情報"へ戻る
更新日: 2020年10月13日 Article ID: 9302
 
 
 
 

対象の Kaspersky Security Center 10 のバージョン:

  • Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781.0)
  • Service Pack 2 Maintenance Release 1 (バージョン 10.4.343)
 
 
 
 

アプリケーション管理プラグインは、管理コンソール経由でカスペルスキー製アプリケーションを管理するためのインターフェイスを提供するコンポーネントです。Kaspersky Security Center で管理できるカスペルスキー製品には、管理プラグインが含まれています。こちらのサポートページ から、管理プラグインの最新バージョンをダウンロードすることもできます。

アプリケーション管理プラグインを使用すると、管理コンソールで次の処理を行うことができます:

  • アプリケーションポリシーおよび設定の作成と編集、およびアプリケーションタスクの設定
  • アプリケーションタスク、動作中に発生するイベント、およびクライアントデバイスから受信するアプリケーション動作の統計データに関する情報の取得

プラグインのバージョン は、管理対象アプリケーションのバージョンに準じています。カスペルスキー製品をアップデートする際は、管理プラグインを再インストールすることをお勧めします。

 
 
 
 
 

管理プラグインのインストール方法

 
 
 
 
 

管理プラグインのバージョンを確認する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了