サードパーティ製品のアップデートとWindowsUpdateの適用

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

サードパーティ製品のアップデートとWindowsUpdateの適用

"ツール / ユーティリティ"へ戻る
2014 11月 25 Article ID: 9306
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 では、クライアント端末にインストールされているサードパーティソフトウェアおよび、OSのぜい弱性を管理し、ぜい弱性を修正するパッチおよび、WindowsUpdateをKaspersky Security Center 10から強制的に適用することが可能です。
ここでは、Kaspersky Security Center 10をWSUSサーバーとして利用する方法と、サードパーティソフトウェアに対するぜい弱性修正のパッチ適用方法について示します。

 
 
 
 
 

クライアント端末のぜい弱性を把握する

 
 
 
 
 

WindowsUpdateを管理する方法。(WSUSとして利用する方法)

 
 
 
 
 

特定のアプリケーションに対するぜい弱性のパッチを適用する場合

 
 
 
 
 

パッチを適用するアプリケーションのルールを決めて運用する場合

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了