Kaspersky Security Center 10 で管理可能な製品について

 

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 で管理可能な製品について

"全般情報"へ戻る
2015 4月 02 Article ID: 9313
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 では、次の「カスペルスキー」製品のリモート管理を行うことができます:

ワークステーション 

  • Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows
  • Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows
  • Kaspersky Anti-Virus 6.0 for Windows Workstation MP4 (6.0.4.1611のみ)
  • Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux 
  • Kaspersky Endpoint Security 8 for Mac 

サーバー 

  • Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows
  • Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows
  • Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition 
  • Kaspersky Anti-Virus 6.0 for Windows Server MP4 (6.0.4.1611のみ) 
  • Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server 

モバイルプラットフォーム 

  • Kaspersky Endpoint Security 8 for Smartphone
  • Kaspersky Security 10 for Mobile

VMware 

  • Kaspersky Security for Virtualization 2.0 
  • Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless

保護対象ホストを管理サーバーに接続できるようにするには、そのホストにコネクターネットワークエージェントをインストールする必要があります。コネクターはカスペルスキー製品とネットワークエージェントとを接続します。一方、ネットワークエージェントコネクター管理サーバーに接続します。

特定の製品の設定や、イベントおよび統計情報を管理コンソールで表示するには、アプリケーション管理プラグインが必要です。このプラグインは、管理コンソールを実行するコンピューターにインストールする必要があります。通常は特定の製品のインストールパッケージを作成する際に、対応する管理プラグインが自動的にインストールされます。なお、アプリケーション管理プラグインは、インストールパッケージから展開されたファイル klcfginst.exe を実行することで、いつでも手動でインストールできます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了