ネットワークエージェント管理用グラフィックユーティリティ - klcsngtgui

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

ネットワークエージェント管理用グラフィックユーティリティ - klcsngtgui

"ツール / ユーティリティ"へ戻る
2018 11月 08 Article ID: 9319
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 に、ネットワークエージェントとの連携のための新しいユーティリティである klcsngtgui.exe が追加されました。

このユーティリティは、以下のフォルダーに格納されています。


【管理サーバーの場合】

  • 32 ビット オペレーティングシステム
    C:\Program Files\Kaspersky Lab\Kaspersky Lab\Kaspersky Security Center
  • 64 ビット オペレーティングシステム
    C:\Program Files (x86)\ Kaspersky Lab\Kaspersky Security Center

【クライアントコンピューターの場合】

  • 32 ビット オペレーティングシステム
    C:\Program Files\Kaspersky Lab\NetworkAgent
  • 64 ビット オペレーティングシステム
    C:\Program Files (x86)\ Kaspersky Lab\NetworkAgent

ユーティリティを実行するとウィンドウが開き、ネットワークエージェントの接続設定と保護ステータスが表示されます。

 

また、klnagchk ユーティリティを起動すると、管理者はネットワークエージェントからサーバーへの接続の詳細を確認できます。

ハートビート送信]をクリックすると、管理サーバーと同期し、データを交換することができます。 

同期が完了すると、[前回のアクセス]が実行日時に更新されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了