Kaspersky Security Center 10 のトレースファイルの取得方法

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 のトレースファイルの取得方法

"診断"へ戻る
2019 1月 31 Article ID: 9323
 
 
 
 
本記事は Kaspersky Security Center 10 の全てのバージョン を対象とした記事です。
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 のコンポーネントが誤動作を起こした場合、テクニカルサポートのスペシャリストがトラブルシューティングのためにトレースファイルの送信をお願いすることがあります。


ユーザーアカウントに管理者の権限があることを確認してください。

次の方法で、トレースファイルの生成を有効または無効にすることができます。

  • klactgui.exe ユーティリティを使用する方法。このユーティリティを使用すると、ネットワークに接続されている任意のホストに接続し、トレースファイルの生成を有効にして、そのファイルをダウンロードし、トレースファイルの生成を無効にできます
  • トレース用の .reg ファイルを使用する方法。

トレースファイルを生成するには、必要なアーカイブをダウンロードします。問題が発生しているホストでアーカイブを解凍し、*_ON.reg を実行した後、Kaspersky Security Center 10 のコンポーネントの問題またはエラーを再現します。生成されたトレースファイルをテクニカルサポートに送付した後、*_OFF.reg を対象のホストで実行してトレースファイルの生成を無効にしてください。

コンポーネント トレースを有効 / 無効にするためのアーカイブ トレースファイルの場所
ネットワークエージェント

trace_nagent-4.zip

$klnagent-1103.log 

ネットワークエージェントのインストールフォルダー

ネットワークエージェント
(クラスターにインストールされたもの)

trace-4-agent-cluster.zip

$klnagent_cluster-1103.log 

対象ノードのネットワークエージェントのインストールフォルダー

管理コンソール  

trace_console-4.zip

klakcon.txt 

管理コンソールのインストールフォルダー

トレースファイルの取得を有効 または 無効に設定した後は必ず管理コンソール画面を再起動してください。

リモートインストールタスク

klwinstman.zip

$klwinstman.log 

管理サーバーのインストールフォルダーにあります。

Kaspersky Security Center 10 (MR1以前)
管理サーバーのアップデートタスク  

updatelog.zip  

$up2date-KLSCU.log

管理サーバーのインストールフォルダーにあります。

Kaspersky Security Center 10 Service Pack 1

管理サーバー  

管理サーバーのアップデートタスク   

ポスチャ確認サーバーコンポーネント

trace_server-4.zip

$klserver-1093.log  (管理サーバーのトレースファイル)

$up2date-1093.log / $up2date-1093-eka.log  (アップデートタスクのトレースファイル)

$klnacserver-1093.log (ポスチャ確認サーバーのトレースファイル)

管理サーバーのインストールフォルダーにあります。
Kaspersky Security Center 10 Service Pack 1 (クラスターにインストールされたもの)

管理サーバー (クラスターにインストールされたもの)

管理サーバーのアップデートタスク

ポスチャ確認サーバーコンポーネント

trace-4-server-cluster.zip

$klserver_cluster-1093.log  (管理サーバーのトレースファイル)

$up2date-1093.log / $up2date-1093-eka.log  (アップデートタスクのトレースファイル)

$klnacserver-1093.log (ポスチャ確認サーバーのトレースファイル)

対象ノードの管理サーバーのインストールフォルダーにあります。
Kaspersky Security Center 10 Service Pack 2

管理サーバー

管理サーバーのアップデートタスク

trace_up2date-4.zip

$klserver-1093.log  (管理サーバーのトレースファイル)

$up2date-1103.log / $up2date-1103-eka.log (アップデートタスクのトレースファイ)

管理サーバーのインストールフォルダーにあります。

レベル 500 のトレースファイルを取得するには、以下のファイルを使用します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了