Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows の設定ファイル

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows の設定ファイル

"インストール / 削除"へ戻る
2013 9月 09 Article ID: 9390
 
 
 
 

設定ファイルとは 

設定ファイルは、Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のインストール済み機能すべての設定が記載されている CFG ファイルです。 

設定ファイルにはいくつかの用途があります:


Info Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows(前バージョン)の設定ファイルも使用できます。

設定ファイルを作成する方法 

設定ファイルを作成するには、Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows がインストールされているホストで次の操作を実行します:


  • 製品を起動し、[設定]タブを開きます。 
  • 必要な設定を行います。 
  • ウィンドウ左側の[詳細設定]を選択します。 
  • 設定の管理]セクションの[保存]をクリックします。 
  • 設定ファイルの場所を選択し、保存します。

Info 定義済みの設定で製品をインストールするために設定ファイルを使用する場合、ファイル名を install.cfg とする必要があります。


 

上の図は、ワークステーションでの Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のインストールを示しています。サーバーインストールの場合、ウィンドウ左側の項目数が異なります。

設定ファイルを利用する方法 

ローカルホストに定義済み設定で製品をインストールするには:


  • install.cfg という名前の設定ファイルを作成します。 

  • MSI インストーラーが入っているフォルダーにライセンス情報ファイルと install.cfg を追加します。すべてのファイルを同じフォルダーに置く必要があります。 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows への設定の読み込みまたはインポートを行うには:


  • 製品を起動し、[設定]タブを開きます。 
  • ウィンドウ左側の[詳細設定]を選択します。 
  • 設定の管理]セクションの[読み込み]をクリックします。 
  • CFG ファイルの保存先のフォルダーを選択して、[OK]をクリックします。 
  • これで、設定ファイルから製品に設定がインポートされます。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了