Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows からの信頼するオブジェクトとアプリケーションの操作

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows からの信頼するオブジェクトとアプリケーションの操作

"設定 / 操作方法"へ戻る
2018 11月 08 Article ID: 9398
 
 
 
 

本記事内容は Kaspersky Endpoint Security 10 for Windowsの以下のバージョンに適用されます。

  • Service Pack 2 Maintenance Release 3 (バージョン 10.3.3.275)
  • Service Pack 2 Maintenance Release 2 (バージョン 10.3.0.6294)
  • Service Pack 2 Maintenance Release 1 (バージョン 10.3.0.6294)
  • Service Pack 2 (バージョン 10.3.0.6294)
 
 
 
 

信頼ゾーンは、Kaspersky Endpoint Security 10がスキャンしないファイル、フォルダ、およびアプリケーションのリストです。

信頼ゾーンでは、次の操作を実行できます。

  • スキャンからファイルとフォルダを除外します。
  • アプリケーションをスキャンから除外します。(信頼できるアプリケーションのリストに追加することによって可能になります)
信頼ゾーンの詳細については、 オンラインヘルプ のページを参照してください。 Kaspersky Security Center 10でリモートから信頼ゾーンを設定する方法については、こちらの記事を参照してください。
 
 
 
 
 

信頼するオブジェクトとアプリケーションとは

 
 
 
 
 

信頼するオブジェクトとは

 
 
 
 
 

信頼するオブジェクトとアプリケーション設定ウィンドウを開く方法

 
 
 
 
 

脅威の種別

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了