Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows からの信頼するオブジェクトと信頼するアプリケーションの操作

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows からの信頼するオブジェクトと信頼するアプリケーションの操作

"設定 / 操作方法"へ戻る
更新日: 2019 8 09 Article ID: 9398
 
 
 
 

本記事内容は Kaspersky Endpoint Security 10 for Windowsの以下のバージョンに適用されます。

  • Service Pack 2 Maintenance Release 3 (バージョン 10.3.3.275)
  • Service Pack 2 Maintenance Release 2 (バージョン 10.3.0.6294)
  • Service Pack 2 Maintenance Release 1 (バージョン 10.3.0.6294)
  • Service Pack 2 (バージョン 10.3.0.6294)
 
 
 
 

信頼ゾーンは、Kaspersky Endpoint Security 10がスキャンしないファイル、フォルダ、およびアプリケーションのリストです。
信頼ゾーンでは、次の操作を実行できます。

  • スキャンからファイルとフォルダを除外します。
  • アプリケーションをスキャンから除外します。
    (信頼できるアプリケーションのリストに追加することによって可能になります)
信頼ゾーンの詳細については、 オンラインヘルプ のページを参照してください。 
 
 
 
 
 

信頼するオブジェクトとアプリケーションとは

 
 
 
 
 

スキャン対象のフォルダ―とファイルの除外方法

 
 
 
 
 

特定のアプリケーションの動作をスキャン対象から除外する方法

 
 
 
 
 

脅威の種別

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了